借金なんとかしたい!時は弁護士に相談するべき?

借金が理由で無茶な生活をしていませんか?
食費を浮かせるために食べる量を減らせば栄養が偏って体調不良になります。
どんなに節約しても家計が苦しく、貯金がまったく無い人も居るでしょう。
病気やまとまったお金が必要になっても、何も出来ない事態になってしまう不安は、精神的に良くありません。

 

そんな借金を、無理せず楽に返す方法が存在します。
犯罪に手を染める必要はありませんし、極めて小さなリスクで借金の負担を減らせるのです。
その方法とは、弁護士に債務整理を依頼することです。
知らない人は明らかに損をしているでしょう。
債務整理をするかどうかは別として、状況を打開する方法を知らないのは選択肢を狭めてしまいます。
改めて結論を言いますが、債務整理を依頼すれば借金を無理せず返済出来ます。

 

借金をなんとかしたいと思ったら、弁護士に相談するのが良いでしょう。
しかし、借金や経済状況は人それぞれです。
本当に弁護士に相談するべきなのか迷う人も多いでしょう。
法律の専門家に借金を相談しても良いのかと思うこともあるはずです。

 

そこで、どのような時に弁護士へ相談するかの基準を紹介したいと思います。
まず、最初に知っておかないといけないのが、債務整理は弁護士の仕事です。
そのため、弁護士に借金の相談をするのは至極当然のことです。
疑うのであれば、弁護士事務所のホームページを覗いてみると良いでしょう。
債務整理関係の情報が記載されているはずです。任意整理、個人再生、自己破産などが債務整理に該当します。

 

弁護士に相談する時の借金ですが、年収の半分を超える金額なら無料相談へ行くのが良いでしょう。
年収以上の借金なら非常に危険な状態なので、今すぐ相談しなければ手遅れなります。
借金の金額ですが、10万程度であれば自力で返済は可能でしょう。一つの目安としては100万を超えた辺りから危険になってきます。
100万の借金を一度に返済するのは難しいため、長期的な返済計画が必要になります。
そのような長期返済を実現するには、利息の計算や毎月の返済計画を入念に精査しなければなりません。
そんな時こそ、弁護士に返済計画のアドバイスを貰うのが良いでしょう。

 

借金は弁護士に債務整理を依頼すれば、確実に楽な方向へ進みます。
自力で返済が可能なら良いですが、無茶な生活をしていませんか?
無理がたたれば借金が悪化しかねないのです。
安全に、確実に、そして楽に返済する方法があるならば、それを利用しない手はありません。
弁護士事務所では無料相談を受け付けているので、話だけでも聞いてみるのが良いでしょう。
債務整理が不要だったとしても失う物は無いです。債務整理が有効だと分かれば、その場で手続きを始めることも出来るでしょう。
何もしないで借金を膨らんで行くのを見ているよりは、少しでも行動する方が良い結果に繋がるはずです。

債務整理で借金を整理する方法とは?

債務整理を行うには弁護士の相談するのが最適です。
借金の返済を楽に出来る可能性はかなり高いと言えるでしょう。

 

複雑な法律や手続きが必要になると心配になるかもしれませんが、弁護士に相談した場合はそうした手間をすべて代行してもらえます。
知識が無くても何も問題は無いのです。
唯一、借金をしている人が行動しなければいけないのが、弁護士へ相談することです。
弁護士の人が借金を苦しんで居る人の元を訪ねて、債務整理をしてくれる可能性はありません。
行動した人だけが借金の負担を楽に出来るのです。

 

そもそも、債務整理でなぜ借金の返済が楽なるのか不思議に思いませんか?
債務整理の仕組みは非常に簡単です。
基本的には今後発生する利息を無くし、長期的な返済によって完済を目指すのです。

 

債務整理の一種である任意整理を行ったケースを考えてみましょう。
この任意整理を利用すると、弁護士と債権者が話し合いによって利息のカットと長期的な返済を現実的にします。
長期的な返済とは、原則として3年間での完済が目標となります。
借金の金額や経済状況によっては、最長で5年間まで延長が認められています。
例えば、100万の借金がある状態で任意整理をしたとしましょう。
この場合、今後の利息がカットされた状態で、3年間での返済が基本となります。
3年間だと36回払いとなり、100万の借金を返済するには毎月2万8千円程度の返済が必要です。
注目するのは利息がカットされている点です。
借金していれば利息が発生するのが当然ですが、任意整理後の3年間は利息が無いのです。
1円も増えることないなので、返済を続ければ必ず完済に近づいて行けるでしょう。
これが任意整理の効果です。
利息が無くなれば、借金の返済は楽になるはずです。

 

債務整理には個人再生と言う手段も存在します。
これは任意整理にある利息カットの効果と長期的な返済に加えて、借金の8割を免除する効果を持っています。
仮に1000万の借金であれば、200万に減額した上で返済を行うのです。
このケースであれば、個人再生を利用すれば800万の借金が消えてしまいます。
これは借金返済の軽減方法としてものすごい効果を持っていると言えます。

 

債務整理で借金を整理する方法はこのようになっています。
任意整理も個人再生も、あるいは自己破産するにしても、弁護士に相談するのが一番です。
自分自身でも手続きは可能ですが、複雑な手続きが必要になりますし、債権者とトラブルになってしまうケースが多いです。
無茶をせず、弁護士へ債務整理の相談をするようにしましょう。

債務整理をしても親戚や勤務先にバレない?

借金を家族や親戚、会社に秘密にしている人が多いはずです。
お金の問題はデリケートなため、時には人間関係を悪化させてしまうこともあるでしょう。
借金があると分かると、周囲の人が急に冷たくなるケースさえあるのです。
誰にも借金の問題を相談出来ずに悩んでいる人も居るはずです。
だからこそ、借金の返済を楽に出来る債務整理を知っても、周囲の人にバレてしまうのではないかとを不安に思うのでしょう。
ですが、安心してください。
債務整理を行っても、ほんとどのケースでは誰にもバレず、秘密裏に処理することが可能です。

 

基本的には、弁護士に依頼すれば秘密裏に手続きが進むのでバレる確率は低くなります。
弁護士は債務整理の専門家です。個人情報の扱いにも長けているため、情報が漏洩するようなミスはしません。
任意整理、個人再生、自己破産、どのような債務整理であっても家族や会社には発覚しないでしょう。
ただし、依頼する際に誰にもバレたくないことは伝えておくのが良いです。
書類や電話によって家族に発覚しないように配慮してもらえるからです。
本人に直接連絡するのが普通ですが、何かのきっかけで家に連絡をすることが出て来るかもしれません。
そうした状況の際に、発覚しないように念押ししておけば注意してくれるでしょう。

 

では、債務整理が発覚してしまうケースにはどのようなものがあるのでしょうか?
一番多いのは、弁護士に依頼せずに個人で債務整理の手続きを行う場合です。
手続きに必要な取引履歴や書類が自宅に送られてくるので、家族に知られる危険性が高まるでしょう。

 

また、個人再生と自己破産を行った場合は、国の広報誌に名前が記載されてしまいます。
簡単に言うと、本名や住所、債務整理を行った理由が記録として残ってしまうのです。
これを聞くと、債務整理した人の個人情報が公開されるのだから、絶対に周囲にバレてしまうと思うでしょう。
しかし、良く考えてみて頂きたいです。
国の広報誌に債務整理した人の名前が載ることを知っていたでしょうか?
この情報はほとんどの人が知らないのが普通です。金融会社の人がチェックするぐらいで、一般の人は存在すら知らないでしょう。
全国の債務整理者が記載されるので、何十人、何百人の情報が一度に記載されているので、特定の誰かの情報だけが目立つことはありません。
個人を特定する情報が記載されると言っても、そこまで心配する必要は無いでしょう。

 

債務整理が家族や会社にバレ無いかと言う質問には、ほぼ確実にバレ無いと言う答えが最適となります。
100%バレないと断言は出来ませんが、発覚する確率は微々たるものでしょう。
不必要に不安にならないのが大切です。

更新履歴